地震に強い家のヒミツ

家族が安心して住める地震に強い家

miraie_1

私たちの住む国では、地震を避けて暮らすことはできません。
しかし、これまで以上に地震に強い住まいを叶えることで、家族が安心して暮らすことができます。私たちKKホームは、阪神大震災以前から地震に強い家を建ててきましたが、もっともっと家族が安心して暮らせる家を目指した結果、『耐震』+『制震』という住まいを実現することができました。

ミライエ開発元【住友ゴム工業】』についての詳しい情報はこちら

miraie_2

住宅用制震ダンパーMIRAIE [ミライエ]

最先端の「高減衰ゴム」を使用した住宅用制震ダンパーで、「伸び縮みしながら繰り返し使用できる」というゴムが持つ最大の特徴を活かしながら、高いエネルギー吸収性能を持続します。この性質を利用して地震による揺れのエネルギーを効率よく吸収し、建物の損傷を防ぎます。

rubber

構造計算による耐震等級3の家

2012年現在、国が定めている住宅性能表示で最高ランク「耐震等級3」の家を標準で設計・施工 。強固な鉄筋コンクリートベタ基礎と水平剛性を高めた床、筋違い+パネル工法。また、建物の強度をさらに強めるため、柱や筋違いをより強固に禁結する耐震補強金物を採用し、より一層建物の強度を高めます。

制震ダンパーMIRAIE「ミライエ」の特徴

miraie_image1

特徴1 揺れを最大70%吸収(※)
制震ダンパーを取り付けることで、地震の揺れを最大70%吸収することができます。地震の揺れによる力を減少できるため、建物の構造体にかかる負荷が減少し、結果、建物の損傷を防ぐことができます。高層ビルや斜張橋などにも採用されている高減衰ゴムが、優れたエネルギー吸収性能を発揮することで、そこに住む家族を地震から守り、住まいの資産価値も守ります。

(※)振動台実験の結果によるものであり、建物形状、配置プラン、地震波によって異なります。実験は耐震等級3相当の実験躯体にMIRAIEを搭載した結果です。

miraie_image2

特徴2 繰り返す地震にも効果を発揮

本震だけでなく、何度も発生する余震から住まいを守りつづけます。地震によるダメージを軽減することで、補修を最小限にとどめることができます。繰り返す余震に効果を発揮できるのは、高減衰ゴムが「伸び縮みしながら繰り返し使用できる」という性質を持つためです。

miraie_image3

特徴3 高い制震性能が長期間つづく
MIRAIEの「高減衰ゴム」は、加熱による促進劣化試験により、90年経過しても性能がほとんど変わらず効果を発揮することを確認しています。メンテナンスの必要もありません。
(実験は、住友ゴム工業株式会社実施の促進劣化試験の結果に依ります。)

miraie_3

Facebookでシェアする

はじめてお家を建てようとご検討されている方に
もれなく無料で当社の冊子をプレゼントしております。

専用フォームからお申込み後、メールにてPDF形式でお送りいたします。

マニュアルを申し込む

失敗事例から学ぶ家づくり成功の秘訣