初めての家づくり

初めて家づくりをされる方の多くは、『家づくりって最初何からすればいいの?』という疑問を持たれています。家づくりを検討するにあたり、初めての方がまずすることとは・・・

・大手ハウスメーカーのモデルハウスが建ち並ぶ総合住宅展示場に行く
・住宅関連の書籍を買って家づくりの勉強をする
・インターネットで家づくりの勉強をしたり、住宅会社を検索する
・最近家を建てた友人に話を聞いたり、詳しい知人に聞いてみる
・近くで開催されている家づくりのセミナーや見学会に参加する
・システムキッチン等の住宅設備機器の並ぶショールームに行く
と様々ですが、初めての方の大多数がまず「総合住宅展示場」に行かれるのです。
そしてその次に、インターネットや書籍等である程度勉強され、その後に大手ハウスメーカーでなく、地元の住宅会社を訪れたり、そこの住宅会社が実際に建てた家を見学するといった行動をされます。
ie1

このように、初めての方がされる行動にはいくつかありますが、KKホームが初めてのお客様にオススメしているのが、
『まず、現場をみる!』です。

なぜなら、家づくりは人の手で行われるものだから、どんなに素晴らしい知識や情報を知っていても、

・実際にどんな職人さんが家づくりをしているのか?
・そこに住むお施主様はどんな想いで家づくりをされたのか?
・これから建てる家は希望通りで満足できる仕上がりになるのか?

それは、現場を見学してみないとわからないからです。

ie2

現場を見る方法は簡単です。住宅会社のチラシやホームページを見て見学会に参加するだけ。とりあえず、実際の家を見ることが大切なのです。もちろん、見るのは一回だけでなく、納得できるまで、何度でも足を運んでいろんな家を見てください。きっと、その工務店がどんな想いで家づくりをしているか知ることができます。なぜ、こんな話をするのか?それは、家づくりは一生に一度の大きな買い物だからです。家を通じて幸せになって欲しいし、後悔だけは決してして欲しくないのです。

初めての方へ、家づくりをする時のKKホームからの最初のアドバイスは、
実際に現場に行ってみる!

【家づくりは、一生に一度の買い物とパートナー選び!】

家の価格は、どうやって決まるのでしょうか?実は、家づくりでほとんどの方が悩まれるのが、家の適正価格についてです。家は一体いくらなのでしょうか?

~八幡市で建替えをされたF様のお話~

F様は、家の間取りをご自身で考えるのが好きで、何度も何度もプランを考え、ようやくお気に入りのプランが完成しました。そこで、このプランの通り建ててもらいたく、最初は大手ハウスメーカーなら自分の希望通りに任せられると思い、○○ハウスの住宅展示場に行かれたそうです。

展示場内はとても綺麗で、素敵な飾りも印象的でF様はどんどん期待を膨らませました。

そこでそのプランをそこにいた30歳くらいのさわやか営業マンに相談したのですが、F様の希望される収納の方法だったり、玄関の広さだったりと、細かな要望を言うと、F様が期待している返事が返ってこなかったそうです。

膨らんできた期待が、一瞬で不満に切り変わってしまいました。F様は不満を残しながら、なるべく希望を取り入れたプランの見積りをもらいました。その見積額が3,800万円・・・最初はF様も値段はこんなものかと思ったそうです。ですが、少しあとになって3,800万円では家が建たないことを知らされました。

その見積りの中には屋外の給排水工事、照明代やエアコン代等が入っていないということでした。さらに諸経費というものが別にかかり、F様は考えた結果、こう言いました。

『希望の家が建たないうえにこんなに高くては、もう諦めるか・・・』

partner1

その次の日でした。新聞に地元住宅会社の折込みチラシが入っているのを見て、つい手に取ってみてしまいました。『名前は知らないけどすぐ近くの工務店だな・・・行ってみるか。』
そこで、昨日見に行った大手ハウスメーカーと、どう違うのかを意識しながらそこの工務店の社長と話をされました。『昨日の営業マンのトークが上手だったせいか、この社長やけに話が下手だな・・・。でも私の話をしっかりと聞いて熱心に考えてくれる。細かな希望も対応できるそうだ。』

F様はどんどんそこの工務店の社長に自分の希望と期待を投げ掛けました。気になる見積りをもらったのが数日後のことでした。見積金額は、2,800万円。F様は大変驚かれました。しかも、大手ハウスメーカーでは別費用だった屋外給排水工事や照明エアコンまで込みの金額とのこと。

F様は逆に、こんなに大手ハウスメーカーと金額の差があるのは何か理由があるのでは・・・と、思われました。F様は工務店の社長に問い詰めたところ、その理由がはっきりとわかり納得されたそうです。

『TVCM費用やモデルハウス費用、多大な人件費を掛けている大手ハウスメーカーは諸経費が高く、高額な見積りが出てくるのは当然』

F様は、そこの工務店がその見積金額で満足できる仕上がりの家を建てることができるのか、最初は心配でしたが、家づくりのアドバイスをもらい、これまでの施工実績も見て、『ここなら任せられる』と思い、家づくりを決断されました。

partner

家を買う時は、展示場に言って話を聞くだけでなく、家を作るプロ(工務店など)に相談することも大事だとF様は思ったそうです。
でも、F様が一番嬉しかったのは、工務店の社長がF様の話を聞きながら、家づくりで大切なことを教えてくれたり、間違った家づくりのときは、プロとしてきちんとアドバイスしてくれたことでした。

マイホームが完成して依頼、ずっと工務店の社長と仲良くされているF様ですが、その工務店がお施主様にどんな想いで家づくりをしているのか知るために、これから家づくりをご検討される方は、資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

【幸せな人生と家づくりには、資金計画が大切です】
gf1420370980x

資金計画を間違えると幸せになるための家づくりのはずが、家のためにお金を支払う苦しい人生になります。たとえば、住宅ローンを支払うために、
・子供の春休みや夏休み、冬休みに楽しい旅行に行けない!?
・食費を切り詰め、たまにしていた外食もできない・・・
・お父さんは、お小遣いを減らされ、飲み会などのお付合いにいけない・・・

などなど。

家を現金で購入する人は、ほとんどいません。家づくりをすることは、資金計画をきちんと立てることでもあります。資金計画を間違えたばかりに、多くのことを我慢、我慢、我慢!!そんな生活を何十年も続けたくないですよね。

だって、家は買うことが目的ではなく、家族で幸せに過ごすために多くの家族は家づくりをするのですから。しかし、お客様のことを考えていない住宅営業マンから家を買った場合、予算ギリギリの家を買わされ、幸せな生活が送れなくなります。

せっかく幸せになるために買った家が、不幸のはじまりとなってしまうのです。幸せな家族計画を送るためにも、資金計画のご相談をしっかりとしてください。

KKホームも、お客様の資金計画について精一杯アドバイスいたします。

Facebookでシェアする

はじめてお家を建てようとご検討されている方に
もれなく無料で当社の冊子をプレゼントしております。

専用フォームからお申込み後、メールにてPDF形式でお送りいたします。

マニュアルを申し込む

失敗事例から学ぶ家づくり成功の秘訣